Make your own free website on Tripod.com

紅茶の美味しい入れ方

  

美味しい紅茶の入れ方

【準備編】
@汲みたての水を沸騰させて使いましょう。
why:汲みたての水は空気を多く含んでいます。また、沸騰したての水は紅茶の香り成分程よく立ち上ります。

Aポットは鉄分の含まれたものを避け、陶磁器かガラス製を使いましょう。
why:鉄分を含むポットを使用すると紅茶の成分であるタンニンが鉄分と反応して香味を失うばかりでなく紅茶の色を黒っぽくしてしまいます。

Bカップの内側は白がいい。
why:紅茶の命は色と香り。その色を楽しむ為には内側は白く香りが広がりやすい浅型のカップを選びましょう。

●ホットティーの場

紅茶を入れる前に、まずポットとカップを温めて
おきます。ティースプーン1杯(約2.5g)を1人分
として、人数分の茶葉をポットに入れます。茶葉
が大きい場合は1杯分余分に入れるのがコツ
です。
ティーカップ1杯を1人分として、沸騰したてのお
湯を
人数分注ぎ、すぐにフタをして蒸らします。
蒸らす時間は、ストレート・レモンティーの場合は
2〜
3分、ミルクティーなら3分(大きな葉は3〜5
分)。
その間ポットにティーコジーをかぶせると保
温効果が
上がります。
茶こしで茶ガラをこしながら、紅茶をカップに注ぎ
ます。その際全てのカップの濃さが平均するよう
にまわし注ぎすると良いでしょう。’ベスト・ドロップ’
と呼ばれる、最後の1滴まで注いでください。


●アイスティーの場合

温めたポットにティースプーン2杯を1人分として
茶葉を入れ、人数分の熱湯を注ぎます(但し、湯
量はホットの半分)。冷えてからでは溶けにくい砂
糖はこの時に入れるか、シュガーシロップを別に
用意します。フタをしてそのまま2分間おき、茶こ
しでこして2倍の濃さのホットティーを作ります。
できるだけ細かく砕いた氷を、グラスいっぱいに
入れておきます。
氷の上から熱い紅茶をサッと注ぎます。氷の溶け
ないうちにすぐ
にミルクがレモンを添えて出来あ
がりです。